• FXにおける取引スタイル

    FXには様々な取引スタイルがありますから、自分に合った取引スタイルを見つけるということがまず大事になってきます。
    そこで、FXにはどのような取引スタイルがあるのかというと、一つ目として、スワップタイプという取引スタイルがあります。



    このスワップタイプは短期的な売買を繰り返すのではなく、一度買い注文をしたり売り注文をしたら、長期的にそのポジションを保有するというスタンスの取引スタイルです。
    この場合は、利益をなるのは為替差益ではなく、金利差収益を狙うということになります。

    どちらかというと外貨預金と似たような感覚で運用していくということになります。二つ目として、スイングタイプというものがあります。

    これは一度通貨を売買してポジションを持ったら、数日は様子をみていくといき、利益を伸ばしていくというスタイルです。
    この方法では、FXの為替差益を狙いながらも、同時にスワップポイントを得ることもできます。

    産経ニュースの人気を今すぐチェックしよう。

    3つ目として、デイトレードタイプという取引スタイルがあります。



    この取引スタイルでは、一日の中でレートが大きく動く時を狙って取引をしていくことになります。取引回数は一番多く、何度も取引を重ねて利益を積み重ねていくということになります。

    デイトレードスタイルの場合、自分が保有したポジションはその日の内に決済することになるので、利益はそれほど多くはなりませんが、損失についても大きくなることがないという特徴があります。